バイクで2人乗りをする男女

バイクの「3人乗り」より、免許取り立て2人乗りの方が点数・反則金が高いってホント?

意外と知らないバイクにまつわる交通ルール

運転免許を持っている人の多くは、「バイクの免許を取得してから1年経たずにに2人乗りをする」ことや、「一般的なバイクで3人乗りする行為」が交通違反になることを知っていると思いますが、どちらの違反が重たい処分になるかをご存じでしょうか?

直感的には「3人乗りの方が危ないから反則金も高いんじゃない?」と思われがちですが、実はバイクの免許を取得してから1年経たずに2人乗りをする方が処分が重たくなるのです!

具体的にはどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

バイクの運転ができる免許の種類

一口にバイクと言っても、ビッグスクーターや原付など、さまざまな種類があります。

実は、バイクの排気量によって必要な免許が以下のように変わります。

排気量400ccを超えるバイク・・・大型二輪免許

排気量125ccを超え、400cc以下のバイク・・・普通二輪免許

排気量50ccを超え、125cc以下のバイク・・・普通二輪免許(※小型限定の条件付き)

排気量50cc以下のバイク・・・原付免許

2人乗りができるバイクの排気量は51cc以上であり、一般的な原付で二人乗りはできません。

免許取得から1年未満で2人乗りをするとどうなる?

大型二輪免許や普通二輪免許を取得してから1年経っていないドライバーは初心運転者と呼ばれます。

道路交通法第71条の4第5項および第6項の規定により、初心運転者は自分以外の人を乗せて運転することが禁止されています。(ただし大型二輪免許の保有者で、すでに普通二輪免許を受けており、その免許の期間が1年以上経っている場合などは除外されます)

なお、これは一般道路の場合であり、高速道路や自動車専用道路では20歳未満の人や免許取得から3年以上経過していないドライバーの2人乗りはできません。

第七十一条の四

5 第八十四条第三項の大型自動二輪車免許を受けた者で、当該大型自動二輪車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して一年に達しないもの(同項の普通自動二輪車免許を現に受けており、かつ、当該普通自動二輪車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して一年以上である者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、運転者以外の者を乗車させて大型自動二輪車又は普通自動二輪車を運転してはならない。
6 第八十四条第三項の普通自動二輪車免許を受けた者(同項の大型自動二輪車免許を現に受けている者を除く。)で、当該普通自動二輪車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して一年に達しないもの(当該免許を受けた日前六月以内に普通自動二輪車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、運転者以外の者を乗車させて普通自動二輪車を運転してはならない。
引用元:道路交通法 | e-Gov法令検索
この違反の罰則は10万円以下の罰金です。また「大型自動二輪車等乗車方法違反」として検挙されると違反点数2点が累積するうえ、反則金1万2000円が科されます。
免許取り立ては運転に慣れておらず、事故を起こしやすい時期でもあるため、2人乗りをしないように注意しましょう。

3人乗りをしたときの罰則・点数・反則金は?

では、免許を取得して1年以上経過してから、バイクの3人乗りをした場合はどうなるのでしょうか。
この場合は道路交通法第57条第1項に規定する「定員外乗車違反」に当たります。
第五十七条 車両(軽車両を除く。以下この項及び第五十八条の二から第五十八条の五までにおいて同じ。)の運転者は、当該車両について政令で定める乗車人員又は積載物の重量、大きさ若しくは積載の方法(以下この条において「積載重量等」という。)の制限を超えて乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。ただし、第五十五条第一項ただし書の規定により、又は前条第二項の規定による許可を受けて貨物自動車の荷台に乗車させる場合にあつては、当該制限を超える乗車をさせて運転することができる。
引用元:道路交通法 | e-Gov法令検索
この違反の罰則は5万円以下の罰金であり、切符を切られると違反点数1点反則金(二輪車の場合)6000円が科されます。

まとめ

前述のように、バイクの3人乗りよりも、初心運転者によるバイクの2人乗りの方が罰則や違反点数、反則金が高く設定されています。意外な感じもしますよね。

ちなみに初心運転者がバイクの3人乗りをした場合は、より反則金の高い「大型自動二輪車等乗車方法違反」で切符を切られます。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です