チャイルドシートに座る子どもと母親

タクシーに子どもを乗せるとき、チャイルドシートは必要?

タクシーに子どもを乗せるとき、チャイルドシートは免除される!

小さなお子さんがいる家庭では、子どもを車に乗せる際にチャイルドシートを使うでしょう。

しかし、急ぎの用でタクシーを使う際には毎回チャイルドシートを用意できないこともあるかもしれません。

このようなとき、「チャイルドシートをせずに子どもを車に乗せると交通違反になるのでは?」と心配する親御さんもいると思いますが、実はタクシーではチャイルドシートが免除されます。

では、なぜ免除になるのかを見ていきましょう。

通常、6歳未満の子どもを車に乗せるときはチャイルドシートが必要

基本的に、6歳未満の子どもを車に乗せる場合には、安全のためチャイルドシートを使用しなければいけません。

これは道路交通法第71条の3第3項に規定されています。

第七十一条の三

3 自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

引用元:道路交通法 | e-Gov法令検索

これに違反した場合、「幼児用補助装置使用義務違反」としてドライバーに違反点数1点が加算されます。(反則金はなし)

なぜタクシーではチャイルドシートが免除される?

基本的には装着しなければいけないチャイルドシートですが、ケガや障害で装着するのが適当でない場合など、一定のやむを得ない理由があればチャイルドシートが免除されるケースがあります。

免除される理由は道路交通法施行令第26条の3の2第3項に8種類定められています。

第二十六条の三の二

3 法第七十一条の三第三項ただし書の政令で定めるやむを得ない理由があるときは、次に掲げるとおりとする。
一 その構造上幼児用補助装置を固定して用いることができない座席において幼児を乗車させるとき(当該座席以外の座席において当該幼児に幼児用補助装置を使用させることができる場合を除く。)。
二 運転者席以外の座席の数以上の数の者を乗車させるため乗車させる幼児の数に等しい数の幼児用補助装置のすべてを固定して用いることができない場合において、当該固定して用いることができない幼児用補助装置の数の幼児を乗車させるとき(法第五十七条第一項本文の規定による乗車人員の制限を超えない場合に限る。)。
三 負傷又は障害のため幼児用補助装置を使用させることが療養上又は健康保持上適当でない幼児を乗車させるとき。
四 著しく肥満していることその他の身体の状態により適切に幼児用補助装置を使用させることができない幼児を乗車させるとき。
五 運転者以外の者が授乳その他の日常生活上の世話(幼児用補助装置を使用させたままでは行うことができないものに限る。)を行つている幼児を乗車させるとき。
六 道路運送法第三条第一号に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき。
七 道路運送法第七十八条第二号又は第三号に掲げる場合に該当して人の運送の用に供される自動車(特定の者の需要に応じて運送の用に供されるものを除く。)の運転者が当該運送のため幼児を乗車させるとき。
八 応急の救護のため医療機関、官公署その他の場所へ緊急に搬送する必要がある幼児を当該搬送のため乗車させるとき。
引用元:道路交通法施行令 | e-Gov法令検索
ズラズラと免除の理由が並んでいますが、6歳未満の幼児をタクシーに乗せる場合については上記の六号が該当します。
つまり、路線バスやタクシーに乗る際はこの法律をもとにチャイルドシートが免除されるのです。

チャイルドシートを装着してないと事故での致死率がアップ!

警察庁によると、チャイルドシートを装着していなかった幼児の致死率は、装着していた幼児と比較して約4.6倍に増加するというデータが公表されています。

チャイルドシートをしていないと、交通事故の際に車外に投げ出されたり、ガラスに衝突するといった危険があるため、致死率が上がるものとみられます。

引用元:子供を守るチャイルドシート|警察庁Webサイト (npa.go.jp)

タクシーやバスを利用する際にはどうしたらいい?

タクシーやバスではチャイルドシートが免除されるとはいえ、事故が発生して子どもが危険にさらされる可能性もあります。

そのため、

保護者が子どもを抱っこひもを使って抱く(万が一の事故の際に子どもが挟まれないよう、シートベルトは子どもの上からではなく、保護者と子どもの間に通す)

・タクシー会社によってはチャイルドシートの持ち込みができる場合や、タクシー会社がチャイルドシートを用意できる場合もあるため、事前に確認しておく

など取り得る安全対策をしておいた方が良いでしょう。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です