非常駐車帯を示す道路標識

高速道路で見かける「非常駐車帯」携帯電話や仮眠はOK?

高速道路にある「非常駐車帯」いつ使う?

高速道路や自動車専用道路には車が停車するためのスペース「非常駐車帯」があります。〝非常〟駐車帯なので、何か緊急のときに使うんだろうな~とイメージする人も多いでしょう。

調べてみたところ、ネクスコ東日本のサイトの中にある『「緊急施設」の技術と設備の用語集』というページに、次のように定義されていました。

非常駐車帯

故障車・緊急車両・道路管理車両等が、停車することを目的に道路の左路肩に設置されています。設置間隔は、土工部・橋梁部では約500m毎に設置しています。トンネル内においては約750mをめやすに設置しています

引用元:NEXCO東日本企業情報サイト

つまり一般的な車が、タイヤのパンクやエンジンの不具合、ガス欠などで停車する際に使用するスペースということです。

そのほか、パトカーが交通事故の処理やスピード違反取締りをする際に使ったり、道路管理者(ネクスコなど)が道路の落下物を撤去するときなどに利用する場合もあるでしょう。

非常駐車帯で仮眠するのはアリ?

そもそも高速道路や自動車専用道路では、警察官の指示や事故を防ぐためなど一定の場合をのぞき、よほどの理由がなければ停車してはいけません。

これは道路交通法第75条の8に規定されています。

(停車及び駐車の禁止)
第七十五条の八 自動車(これによりけん引されるための構造及び装置を有する車両を含む。以下この条において同じ。)は、高速自動車国道等においては、法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため一時停止する場合のほか、停車し、又は駐車してはならない。ただし、次の各号のいずれかに掲げる場合においては、この限りでない。
二 故障その他の理由により停車し、又は駐車することがやむを得ない場合において、停車又は駐車のため十分な幅員がある路肩又は路側帯に停車し、又は駐車するとき。
引用元:道路交通法
この「やむを得ない場合」は、車の故障、ガス欠などが発生した場合を指しており、一般的に道路管理者は、眠気があるからといって非常駐車帯で仮眠することを推奨していません。
しかし法律上では、ドライバーが寝不足・過労などにより、そのまま運転を続けた場合「事故を起こしてしまう!」というような危険な状況のときには、「やむを得ない場合」に当たるとして非常駐車帯に停車することが可能と解釈しているようです。
過去の判例では、非常駐車帯ではないものの、ドライバーが運転中に眠気をもよおして高速道路のバス停に駐車した事例について、「駐車することがやむを得ない場合」に当たると判断しています。(昭和43年8月2日 水口簡易裁判所判決)
とはいえ、非常駐車帯は道路脇のスペースで危険性もあるため、仮眠をとるならサービスエリアやパーキングエリアを利用した方が賢明といえるでしょう。

携帯電話やカーナビは?

非常駐車帯はあくまで緊急時に停車するスペースであるため、携帯電話やカーナビの操作をするために停車するのはやめましょう。(やむを得ない場合とはいえません・・・)

この場合もサービスエリアやパーキングエリアを利用することが大切です。

車の故障や体調不良など、必要なときに必要な人が使えるように配慮しましょう。

高速道路の運転で注意したいこと

車の故障やガス欠などで停車を余儀なくされた場合、後続車両からの追突事故を防ぐため、次の行動をとりましょう。

●車のハザードを点灯する

●車の後ろに発煙筒と三角表示板を設置

●それらが済んだらガードレールの外など、安全な場所へ避難

●110番か道路緊急ダイヤル(♯9910)へ通報

特に、高速道路や自動車専用道路で停車するときに三角表示板(停止表示器材)を表示していないと「故障車両表示義務違反」に当たる可能性もあります。(道路交通法第75条の11、道路交通法施行令第27条の6)

これは違反点数1点、普通車で反則金6000円の違反です。

●道路交通法
(故障等の場合の措置)
第七十五条の十一 自動車の運転者は、故障その他の理由により本線車道若しくはこれに接する加速車線、減速車線若しくは登坂車線(以下「本線車道等」という。)又はこれらに接する路肩若しくは路側帯において当該自動車を運転することができなくなつたときは、政令で定めるところにより、当該自動車が故障その他の理由により停止しているものであることを表示しなければならない。
2 自動車の運転者は、故障その他の理由により本線車道等において運転することができなくなつたときは、速やかに当該自動車を本線車道等以外の場所に移動するため必要な措置を講じなければならない。
引用元:道路交通法 | e-Gov法令検索
●道路交通法施行令
(自動車を運転することができなくなつた場合における表示の方法)

第二十七条の六 法第七十五条の十一第一項の規定による表示は、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ当該各号に定める停止表示器材を、後方から進行してくる自動車の運転者が見やすい位置に置いて行うものとする。

一 夜間 内閣府令で定める基準に適合する夜間用停止表示器材
二 夜間以外の時間 内閣府令で定める基準に適合する昼間用停止表示器材(当該自動車が停止している場所がトンネルの中その他視界が二百メートル以下である場所であるときは、前号に定める夜間用停止表示器材)

そして、とても初歩的なことなのですが・・・

高速道路や自動車専用道路でガス欠を起こすと「高速自動車国道等運転者遵守事項違反」として違反点数2点、普通車で9000円の反則金が科されるケースがあります。(道路交通法第75条の10)

出発前に車の点検と、給油を忘れずおこないましょう!


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です