一時停止の道路標識と「止まれ」の道路標示

一時停止って何秒止まればいい?『3秒説』に根拠はあるのか

一時停止をしないと交通違反に

街で車を運転していると、いたるところに一時停止(止まれ・STOP)の道路標識があります。

当然、一時停止の標識がある場所では停止線の前で止まらなければいけません。(道路交通法第43条)

(指定場所における一時停止)
第四十三条 車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあつては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第三十六条第二項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。
出典:道路交通法 | e-Gov法令検索
これに従わないと「指定場所一時不停止等」の違反に当たり、検挙されれば違反点数2点普通車で7000円の反則金です。

何秒止まれば良いのか?3秒と言われるケースも多いが・・・

では、「一時停止」は何秒止まれば良いのでしょうか。

結論から言うと、道路交通法で明確な秒数が決まっているわけではありません。

一般的に「3秒止まれば良い」という話を聞きますが、実は根拠がないのです。

道路交通法にいう一時停止とは、「完全に車輪が停止すること」と解釈されています。

過去の判例では、ただ単に止まれば良いというだけでなく、左右の安全を確認するのに必要かつ十分な時間停止することと示した事例のほか、1秒間だけでは一時停止したとはいえないと示した事例があります。
また停止線の前で一時停止をしても左右の見通しが悪い場合は、さらに見通しの良い場所まで進み、必要があればその場所で再び停止して安全確認をすべきともいわれています。(大阪高等裁判所判決 昭和44年5月6日)
つまり、停止線の手前でしっかりと止まることはもちろん、その後も左右の安全を確認しながら進むことが大切といえるでしょう。

一時不停止で捕まらないためには

私(元警察官ウシ子)が警察官時代、一時不停止の取り締まりをしていたときに感じていたことは、「意外とみんな止まっていない!」ということです。

これは切符をたくさん切るための言い訳などではなく、まぎれもない事実です・・・(気になる方は一時停止の道路標識がある場所をしばらく観察していると分かるかと思います)

ドライバー自身では気づきにくいのですが、停止線前でキッチリと停止するドライバーは少なく、ブレーキを踏みつつ停止線をジリジリと進むケースが多かったように思います。

また、良くないケースだとノーブレーキで交差点に進入する車もいました。(特に検挙されやすいです)

一時不停止で警察に捕まらないためには、

スピードを落とし、停止線の前でしっかり止まる(タイヤの回転が止まるくらい)

停止後も、左右の安全確認をしながらゆっくりと交差点に入る

ことを意識すると良いでしょう。

「一時停止は3秒説」に根拠はないものの、しっかり停止するために心の中で3秒数えるのは有効な方法といえます。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です