運転免許証の見本イラスト

運転免許証の番号からは何が分かる?交通違反歴はバレるのか

運転免許証の番号からは何が分かる?

運転免許証をよく見ると、氏名や住所だけでなく有効期限や取得している免許種別などが掲載されています。

その中でも、12桁の免許番号にはどのような意味があるのか気になるという人も少なくないでしょう。

SNS上では、この免許番号を見れば「交通違反歴がバレる」「学科試験の点数が分かる」といった眉唾物のウワサも流れていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

警察庁の公表している文書・「運転免許証の番号の形式及び内容について」によると、免許番号からは様々なことが分かります。

1~2桁目からは免許証を交付した都道府県が分かる!

まず、12桁のうちの1桁目と2桁目の数字は初めて免許証を交付した「公安委員会コード」をあらわしています。

たとえば東京都公安委員会のコードは「30」、大阪府公安委員会のコードは「62」などと決まっており、1~2桁目を見ると最初に免許を取得した都道府県が分かります。

各都道府県の公安委員会コードは以下のとおりです↓

●公安委員会コード一覧
【北海道】北海道10、函館11、旭川12、釧路13、北見14
【東北】青森20、岩手21、宮城22、秋田23、山形24、福島25
【関東甲信越】東京30、茨城40、栃木41、群馬42、埼玉43、千葉44、神奈川45、新潟46、山梨47、長野48、静岡49
【北陸・中部】富山50、石川51、福井52、岐阜53、愛知54、三重55
【関西】滋賀60、京都61、大阪62、兵庫63、奈良64、和歌山65
【中国】鳥取70、島根71、岡山72、広島73、山口74
【四国】徳島80、香川81、愛媛82、高知83
【九州・沖縄】福岡90、佐賀91、長崎92、熊本93、大分94、宮崎95、鹿児島96、沖縄97

3~4桁目からは免許を取得した年が分かる!

次に、3桁目と4桁目は「年別記号」と呼ばれる数字で、最初に免許を取得した年(西暦の下2桁)を示しています。

たとえば、2003年に初めて免許を取得した場合は「03」、2011年であれば「11」というように表示されます。

5~10桁目は「交付年ごとの管理番号」

5~10桁までの6つの数字は「交付番号」といい、前述の警察庁の文書には以下のように記載されています。

交付番号は、交付年ごとの一連番号を表示する6桁の数字とする。

(出典:警察庁「運転免許証の番号の形式及び内容について」

これだけ聞くと多くの人が「どういう意味?」と疑問に思いそうですが、どうやら各公安委員会が、その年ごとに管理している番号のようです。

この交付番号について詳細は明らかにされていません。

筆者の予想では、その年に、その都道府県で初めて免許を取得した順番になっているのではないかと思います。(筆者が初めて免許を取得した年の免許証新規交付件数、時期などから予想)

11桁目は番号に誤りがないかをチェックするための数字

11桁目の数字のことを「チェックデジット」といいます。

チェックデジットとは、数字列に間違いがないかどうかを確認する検査用数字のことで、クレジットカードや商品のバーコードなどで使われています。

具体的には、このチェックデジットによって偽造カードを見抜くことが可能になります。

運転免許証のチェックデジットは、1~2桁目の公安委員会コード、3~4桁目の年別番号、5~10桁目の交付番号に基づき、「モジュラス11」という計算方式によって算出します。

具体的には以下の手順で計算します。まず、免許番号を左から順に①~⑩とし、

①×5②×4③×3④×2⑤×7⑥×6⑦×5⑧×4⑨×3⑩×2

を計算します。

そして合計を11で割ります。このときに余りが出たら、さらに11から余りの数字を引きます。

それで出た数字がチェックデジットです。

(たとえば合計が93のとき、93÷11=8あまり5になります。そして11からあまりの5を引いて6なので、6がチェックデジットの数字です)

筆者も実際に計算してみましたが、ピッタリ一致しました。

12桁目からは免許証の再交付回数が分かる!

12桁目は「再交付記号」と呼ばれる数字で、運転免許証を再交付した回数をあらわします。

運転免許証を紛失・破損して再発行した場合には、12桁目の数字が増えていく仕組みです。

一度も再交付していなければ「0」、1回だと「1」になりますが、10回再交付した場合は「0」ではなく「1」になります。(そんなに再交付する人はまれだと思いますが・・・)

1~11桁目の数字は免許更新をしても変わりませんが、12桁目は再交付によって変わる可能性があるといえるでしょう。

まとめ

運転免許証からは様々な情報が読み取れるものの、交通違反歴や学科試験の点数が分かることはありません。

警察官時代には「免許証のどこを見てるの?」と尋ねられることも多かったのですが、正直なところあまり免許番号は気にしていませんでした。

免許証を5回くらい再交付している人には驚くこともありましたが。

どちらかと言うと、無免許運転を見逃さないよう免許証の有効期限を確認したり、免許がない種別の乗り物に乗っていないかなどを確認している警察官が多いかと思います。

とはいえ、ちょっとした豆知識として家族や友人との話のネタにはなるかもしれませんね。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です