駐車違反ステッカーの写真

レンタカーで駐車違反してしまったら・・・黙っていたらヒドイことに!?

レンタカーを借りているときに駐車違反・・・どうする?

旅先では、慣れていない道が多いため、ついうっかり交通違反をしてしまうことがあるかもしれません。

道路に車を駐車して戻ってきたら、駐車違反の黄色いステッカーが貼られていた・・・なんてことも考えられます。

このようなとき、警察に出頭すると基本的に「駐車違反」で青切符を切られます。そうすると違反点数が累積したり、反則金を納付しなければなりません。

しかし「自分の車じゃないからバレないのでは?」と考えて警察に出頭せず、レンタカー会社に黙って車を返却すると、後ほどヒドイ事態におちいることに・・・。

では、どのような事態になるのでしょうか。

黙ってレンタカーを返却したら高額請求!?

駐車違反をした人が警察に出頭しなかった場合、違反車両の使用者(車検証に記載されている使用者)に対して責任追及がおこなわれます。

つまり、レンタカー会社に放置違反金の連絡がいくことになります。

※駐車違反を放置し続けるとどうなるかはこちら↓(参考記事)

駐車違反で出頭すると損をする?切符を切られない裏ワザとは | 元警察官ウシ子と学ぶ!交通のギモン (koutuunogimon.com)

当然、レンタカー会社は車を借りたドライバーに対して連絡をとりますが、車の返却までに駐車違反の処理をしなかった場合には、レンタカー会社が独自で定めた駐車違反金をドライバーに請求します。

駐車違反金は会社によっても異なりますが、駐車違反の反則金よりも高額な金額を請求される可能性が高いです。

以下はトヨタレンタカーの一例です。

レンタカーご返却までに違反処理をしていただけなかった場合、当社が別に定める駐車違反金「普通車:25,000円、中・大型車:30,000円」(不課税)をご負担いただきます。

出典:違法駐車について|トヨタレンタカー (toyota.co.jp)

レンタカー会社の駐車違反金も無視していたら

さらに、レンタカー会社が請求する駐車違反金の支払いにも応じないままでいると、全国のレンタカー会社のブラックリスト入りとなり、今後レンタカーが借りれなくなってしまいます。

もしレンタカーで駐車違反をしてしまった場合は警察に出頭し、レンタカー会社にも違反したことを素直に申告するのがベストといえるでしょう。

なお、警察での手続き後にレンタカーを返却する際には、駐車違反の手続きを証明する書類や、反則金納付の領収書など提示する必要があります。

必要な書類が分からない場合には、車を借りたレンタカー会社に連絡して確かめるようにしましょう。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です